クレジットカード現金化サービスの手数料とは

手数料を払いたくない女性
世の中にあるサービスを利用するとき手数料はほとんどかかりますが、その手数料とはサービスに対するものでありサービス料やシステム利用料などとして使う人に支払ってもらいサービスの運営を維持しています。

 

しかしながら利用する立場からすれば手数料は低ければ低いほどよいに越したことはありません。

 

「手数料にお金を払うなんてバカバカしい」なんて思う人は多いのではないでしょうか?

 

現金化サービスも手数料と言うものがもちろん存在しているのですがそのうちわけは業者によってまちまちです。

 

手数料を最低限しか取らない優良店もあればよくわからない手数料が引かれてしまう不便な業者もあります。

 

現金化サービスにおける手数料とは業者によって変わってくるものであり運営していくための必要経費ではありますが設定差が激しく優良店以外はさじ加減で、利用者からより沢山請求しようとする業者の儲けとなっています。

 

これをご覧の方も現金化するならできれば手数料をなるべく抑えて手元に残るお金を減らさないようにしたいと思っているはずです。

 

サービスを受ける以上最終的には手数料を払わなければいけないのでより負担の少ない優良業者を選びたいものですね。

 

手数料について少し理解を深めることによって優良店の選び方や損をしないショッピング枠現金化が出来れば幸いです。

 

まずは現金化サービスで掛かる手数料の種類についてお話します。

クレジット現金化の手数料の種類

クレジット現金化の手数料の種類を説明する女性

それぞれ業者が定める手数料はまちまちで現金化の方式や取扱商品によっても項目が変わってきますので種類は多岐にわたります。

 

中でも一般的な手数料を一覧として挙げてみます。これに当てはまらないものがあれば手数料の名目で強引に引いてくる余計なものなので損をしている可能性がありますので注意しましょう。

 

手数料一覧

  • クレジット決済手数料
  • 商品購入代行手数料
  • 夜間手数料
  • 商品送料手数料
  • 振込手数料

決済手数料

クレジットカードを決済する時に掛かる費用です。カードの種類によって換金率が変わるとの説明がされるのは「JCB」や「アメックス」、「ダイナース」など決済手数料が高めに設定されているからです。VISA・Masterなら5〜6%以上、JCB・アメックス・ダイナースなどは7〜8%以上とされています。

商品購入代行手数料

業者によっては商品購入を代行する場合がありますがその際の手数料がこれにあたります。この手数料が発生する業者は概ねカード情報を伝え無いといけないのでかなり危険な業者と考えたほうが良いかもしれません。カード情報を第三者に教えることはセキュリティ面でリスクが発生しますので注意が必要です。

カード現金化で注意すべきセキュリティ面

夜間手数料

深夜帯に申込をして即日現金化希望すると発生する業者があります。24時間営業している業者が少なく夜間の受付をしていてすぐに現金化ができますが利用額の数%など設定していることも。

商品送料手数料

購入商品の送料になります。クレジット現金化では購入商品を送らなかったり、受け取らなかったりすると違法性が高まります。送料がもったいないからと言って受けたらないことが無いようしましょう。商品が手元に来なければ購入偽装として現金化の事実が明白になります。

振込手数料

銀行に振り込むための送金手数料です。必ず掛かるものでありますが料金設定もまちまちで驚くような金額に設定している業者も中にはあり項目だけでなく金額の確認もしたほうが良いでしょう。


クレジット現金化の手数料についてまとめ

手数料についてまとめ

各種手数料はサービス業であるのでかかってしまうのは仕方のないことですがその料金設定や種類によっては果たして適正なのかと思うものがあります。

 

手数料の名目は作ろうと思えばいくらでもできますから私が利用した中で驚くような手数料の名目をご紹介ます。

  • 登録料
  • システム利用料
  • 相談料
  • キャンセル料
  • 消費税

これらの項目を設定している業者は多くなく利用した感想は悪質だと感じる程でした。

 

特に消費税はなにに対してのものなのかが不明な場合が多く、金券類を購入した時ですら内税として不明瞭な計上をされました。

 

金券類は消費税は非課税ですからとても悪質と言えます。

 

キャンセル料も脅迫まがいにキャンセルをさせないために言われることも少なくありません。

 

申込をするときは各種手数料の無いようをしっかり確認したほうが振込金額が全然違ったということも少なくなると思います。

 

優良店であればこういった被害にあった方の利用者も多く情報も沢山持っていることが多いので、前もって無いようを話してくれますし何より話したときの安心感が違います。

 

手数料一つでもこんなに沢山落とし穴があるので利用のときは注意したいですね。

 

現金化比較サイトくらベーる【春の決定版|優良業者5社を厳選比較】 トップページへ戻る


サイト更新日2018/06/05