金利ゼロで現金化をするには

クレジットカード 現金化 金利

 

クレジットカード現金化はどんなことがあっても、換金率100%で契約することは不可能なサービスではありますが、利用後のカード会社への支払いは利息を抑えることもできます。

 

なんと、支払い方によってはクレジットカード現金化は金利がかからずにできるのです。

 

利子を0円にするといっても、何か面倒な手続きをしなくてはいけないのでは?というように感じてしまうかもしれませんが、そんなことはなくとても簡単にできます。

 

では、金利ゼロで現金化をするにはどのようにしたら良いのでしょうか。


支払い回数が多いほど利息は高く付く

クレジットカード 現金化 金利

 

クレジット現金化のご利用後は、取引をしたお店に支払いをするのではなく、使用したカードの取締会社へ返済が義務付けられています。

 

現金化業者が指定するお店でクレジット決済をする時に支払い方法を選び、後日カード会社へ利用したショッピング額を支払わなければなりません。

 

クレジットカード現金化をする人の中には、一度に返済する額面が少ないということで分割払いを選ぶこ方がいらっしゃることでしょう。

 

使用したショッピング枠の返済は、支払い回数が多いほど利息は高く付いてしまいますので、最終的には相当な利子額ををクレジットカード会社へ払っていることになります。

 

リボ払いも同様に毎月低額の支払いをカード会社へしていかなくてはなりませんので、割と高い利息を支払っていくことになるでしょう。


一括払いは金利が0円

クレジットカード 現金化 金利

 

クレジットカード現金化を利用した場合は、必ずしも金利がかかるわけではなく、一括払いは金利が0円です。

 

もちろん、一括払いを選択したとしても特定のクレカではないといけないという決まりはなく、どのカードであっても分割払いにしなければ利息はかかりません。

 

カード会社への支払いを複数回にしなければ金利はゼロということですが、二回払いも同様に利息がかからずに返済をすることが可能です。

 

支払い方法が選択可能だとしても、返済回数が2回以上だとカード会社との利用規約によってはリボ払いしかできない人も残念ながらいらしゃいます。

 

無駄な金利を精算たくないという人は、使用したカード会社へ1回で支払いができるだけのショッピング枠分で現金化することがおすすめです。


現金化をするなら支払い回数は2回までが理想

クレジットカード 現金化 金利

 

クレジット現金化に限らずカード会社への返済回数は多くても2回までを選びますと、金利もかからず大変お得です。

 

但し、支払いのことを考えて使用するショッピング枠が少額ですと、換金率は低くなり利用者に振込まれる額面は少なくなってしまいます。

 

これは、どの現金化業者でも同じことで使うショッピング枠が高額になるにつれて換金率は高く設定されていますので、例え利息がかかってしまうとしても返済に余裕があるのであれば、分割払いができる範囲で現金化をする方が良いでしょう。

 

当サイト、クレジットカード現金化比較サイトくらベーるでは、現金化をするなら支払い回数は2回までが理想だと思いますが、複数回の分割払いができるのであれば高額のショッピング枠を利用して大金を手にすることが最も良いかと思います。


サイト更新日2018/04/09